主要作品紹介

  • 出世景清
  • 曽根崎心中
  • 用明天王職人鑑
  • 冥途の飛脚
  • 国性爺合戦
  • 平家女護島
  • 心中天の網島
  • 女殺油地獄
  • 心中宵庚申
  • 近松作品事典

「作品を知る」トップへ

主要作品紹介 【めいどのひきゃく】

  • 概要
  • あらすじ
  • 見どころ
  • コラム

見どころ

場面(一):淡路町の段
場面(二):封印切の段
場面(三):封印切の段

映像解説/あわじまちの段

 「淡路町の段」の最後、大金の300両(約3000万円)を武家屋敷へ届けようと出掛けた忠兵衛(ちゅうべえ)は、つい梅川(うめがわ)の元へと向かってしまいます。この場面を、俗に「羽織落とし」と呼んでいます。映像は、まっすぐ武家屋敷へ行くべきか、その前にちょっと梅川の顔を見てから行こうか、と迷っていた忠兵衛が、ついに誘惑に負け、羽織が脱げ落ちるのも気付かずに、夢中で梅川のいる越後屋を目指す1シーンです。
 「一度は思案。二度は無思案(ぶしあん)」と、最初は思案をするものの、次にはその思案もなく、分別を失った忠兵衛は、大金を持ったままで越後屋に向かい、その金を使ってしまうことになるのです。

『冥途の飛脚』
国立劇場第122回文楽公演 1998(平成10)年2月
「淡路町の段」[8]豊竹嶋大夫・[8]竹澤団六(現・[7]鶴澤寛治)
「封印切の段」[9]竹本綱大夫・[5]鶴澤清二郎
亀屋忠兵衛:[3]吉田簑助
遊女梅川:吉田文雀
丹波屋八右衛門:吉田玉幸

メインメニューへ戻る

ページの先頭に戻る