『摂津名所図会』(兵庫県立歴史博物館所蔵)

  • 左の図には、大坂・堂島のにぎわいが描かれています。人形浄瑠璃は、町人文化の中で人気を得て、成長していきました。
  • 元禄時代は、京都・大坂を中心に、文学・芸術・学問、そして演劇が発達した時代です。この時代の文化の中心にいたのは、一般庶民である町人たちでした。商業が発達したことで、豊かになった町人たちは、厳しい身分制度があった封建社会のしがらみの中でも人間らしい生き方を求め、独自の文化を育てたのです。
近松門左衛門が魅せられた人形浄瑠璃
義太夫節の誕生
人形浄瑠璃の舞台
元禄時代の劇界
世話浄瑠璃が人気を得た背景
近松の世話浄瑠璃
近松門左衛門 武士から町人へ
町人の生活
元禄時代に花開いた上方文化
近松門左衛門と上方歌舞伎
元禄文化について
大坂と文楽

メインメニューへ戻る

ページの先頭に戻る