能楽[能・狂言]の歴史

前へ室町後期の能 ―様々な担い手―/室町時代 次へ

時代タイムライン

応仁の乱以降、にぎやかでわかりやすい曲を多く作った観世信光(かんぜのぶみつ)・長俊(ながとし)父子や、金春禅鳳(こんぱるぜんぽう)などは、一般民衆の支持を得ることで戦乱の世を生き抜こうとしました。その一方、半玄人的に能を演じる素人の役者「手猿楽(てさるがく)」が、宮中などで活躍するようになります。その多くは町人であり、渋谷・虎屋・堀池などのように、数代にわたって続く手猿楽の家もありました。能の詞章に節を付けてうたう「謡(うたい)」は、すでに世阿弥時代から酒宴などで行われていましたが、室町後期には広い階層で楽しまれ、同好の人々が集まり謡を楽しむ「謡講(うたいこう)」も開かれるようになります。謡・舞・型・囃子など、能の技法の整備が進んだのもこの時代です。

観世庄右衛門元信自筆『四座役者目録』

観世庄右衛門元信自筆『四座役者目録』

古活字虎屋中本『姨捨』

古活字虎屋中本『姨捨』

金春禅鳳自筆謡本『吉野静』

金春禅鳳自筆謡本『吉野静』


ページの先頭に戻る