能楽[能・狂言]の歴史

前へ江戸幕府の保護政策/江戸時代次へ

時代タイムライン

コラム「狂言の歴史(3)」

江戸時代の狂言もまた、幕府の「式楽」でした。当時の幕府の正式な催しでも、能と密接に演じられていたという状況は前代までと変わりありません。ただし、幕府の組織に位置づけられることで、狂言の流儀の差が明確になったと考えられています。新興勢力であった鷺(さぎ)流と古い歴史をもつ大蔵(おおくら)流とが演目や演出面に独自性を表していきました。またこの時代に、幕府には抱えられていない和泉(いずみ)流も1流として固まっていきました。このように流儀の差が明確になると、詞章も固定化し多くの狂言台本が書写されるようになり、一般向けの読み物として『狂言記』も出版されました。

前に戻る

『虎明本』

『虎明本』

『狂言記』

『狂言記』

『能狂言図巻』

『能狂言図巻』


ページの先頭に戻る