能楽[能・狂言]の歴史

前へ各藩の能楽―加賀藩を例に―/江戸時代次へ

時代タイムライン

能が幕府の式楽となった一方、諸大名も能役者を雇うようになります。百万石で有名な加賀藩[現在の石川県]の前田家を例に、藩の能について紹介します。もとは金春(こんぱる)流が主であった前田家ですが、5代藩主・前田綱紀(まえだつなのり)の頃、転機が訪れます。将軍徳川綱吉が特に宝生(ほうしょう)流をひいきしていたため、綱紀は波吉(なみよし)・諸橋(もろはし)ら金沢の役者を他流から宝生流に転向させます。さらに綱紀自身も宝生流に弟子入りして能を舞うようになり、後に加賀宝生(かがほうしょう)と呼ばれるほど、金沢では宝生流が盛んになりました。また綱紀は、兼業で活動する町人の役者たちに名字を許しました。現在の笛方一噌(いっそう)流の藤田家や狂言和泉流の野村万蔵家などはその子孫にあたります。

もっと詳しく

中村神社拝殿[旧金沢城能舞台]

中村神社拝殿
[旧金沢城能舞台]

『茶地黄紺白萌黄金重菊文唐織』

『茶地黄紺白萌黄金重菊文唐織』

能面『孫次郎』

能面『孫次郎』

ページの先頭に戻る