狂言はやわかり

前へ意匠[デザイン]次へ

前へ舞台次へ

能と共に演じられてきた狂言は、能とおなじく能舞台で演じられます。舞台上の各部名称も同じものを用います。舞台は三方吹き抜けで、3間[約5.5メートル]四方の大きさ、4本の柱で囲まれています。舞台には斜め後方に「橋掛リ(はしがかり)」があり、主に登場人物の入退場に用います。また、舞台の正面「鏡板(かがみいた)」には、大きな松が描かれているのも大きな特徴です。

舞台全景

舞台全景

舞台正面

舞台正面

橋掛リ

橋掛リ

舞台平面図

舞台平面図

ページの先頭に戻る