狂言はやわかり

前へ演技〜写実と様式次へ

前へ感情の表現次へ

狂言では、喜怒哀楽といった人間の感情を、写実的に、そして少し大げさに誇張して表現します。例えば、笑う演技では、肩を張って、大きく口を開け、お腹の底から大きな笑い声を出します。一方、泣く演技では、手を顔に寄せ、腰をかがめ、「エーン」もしくは「エヘ、エヘエヘエヘ」と言いながら泣いてみせます。写実的ではありますが、いずれの演技もリアルさを追求するのではなく、一定の「型(かた)」があります。これらの「型」もまた、長い狂言の歴史の中でつちかわれてきた芸なのです。

  • 泣き
  • 笑い
  • 怒り
  • 泣き
  • 笑い
  • 怒り
  • 泣き
  • 笑い
  • 怒り

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る