狂言はやわかり

前へ演技〜写実と様式次へ

前へ擬音(ぎおん)次へ

大道具やセットを用いない狂言では、演者のしぐさと擬音(ぎおん)によって、そこにあるはずの物や、状況を表現します。例えばのこぎりで物を切るしぐさをしながら「ズカズカ」と口で効果音を発します。この発声もしぐさの場合と同様、「型(かた)」にのっとっています。また寺ごとに異なる鐘の音を、「グヮン」「チーン」と表現し分けたり、さらには鐘の響きの余韻すらも「ジャーン、モンモンモン」と表現したりするなど、擬音が活躍するのが狂言の特徴です。このように擬音としぐさを組み合わせることで、何もない空間に、様々なイメージを生み出します。

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る