狂言はやわかり

前へ間狂言次へ

前へ末社間(まっしゃあい)次へ

神をシテとする脇能の時に多く演じられるのが「末社間(まっしゃあい)」です。「居語リ」同様、前場と後場の間に差し挟まれます。狂言来序(らいじょ)という囃子の演奏と共に、末社の神[位の低い神]が登場し、前場で起こった出来事や、シテである神の霊験について分かりやすく語ります。そして最後に「三段之舞」という舞を舞い、退場します。「末社間」のバリエーションとして、仙人や天狗が登場する曲もあります。

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る