狂言の演目と鑑賞

前へ三番叟(さんばそう)[『三番三』とも]次へ

※大蔵流では『三番三』、和泉流では『三番叟』と表記します。


  • 式の流れ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

『三番三・三番叟(さんばそう)』は天下泰平(てんかたいへい)を祈る儀礼曲『翁(おきな)』の後半部分です。『翁』は、翁の面(おもて)を納めた面箱を持つ千歳(せんざい)、翁、三番三、囃子方、地謡が橋掛リ(はしがかり)から順に登場します。翁が舞台の中央先で座り深々と礼をします。それぞれの役が着座すると、笛の独奏に続き、3丁の小鼓が勢いよく打ち出し、翁の謡が響きます。はじめに千歳がさっそうと舞い[千歳ノ舞]、その間に舞台上で面をつけた翁が天下泰平・国土安穏を祝して荘重に舞います[翁ノ舞]。翁が舞台から退場すると、三番三が「揉み出し(もみだし)」という大鼓の打ち出しに合わせて立ち、躍動的に足拍子を踏みしめ力強く舞います[揉ノ段]。続けて三番三は、「黒式尉(こくしきじょう)」の面をつけ鈴を振りつつ、はじめはじっくりと、次第に急速に舞い納めます[鈴ノ段]。

  • 式の流れ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

『翁(おきな)』は「能にして能にあらず」と言われます。これは「式三番」と呼ばれる祝言・祝舞で、舞台演劇として確立した能とは本来別物の、能の大成以前から伝わる祝祷(しゅくとう)芸能だからです。その源は平安時代にまで遡ります。若々しい「千歳(せんざい)ノ舞」はもちろん、「翁ノ舞」で翁が踏みしめる「天地人の拍子」、足拍子を多用する「揉(もみ)ノ段」、鈴を振り続ける「鈴ノ段」など、いずれも長い冬の眠りから大地を目覚めさせ、生命をふるい立たせ、豊穣を願う、農耕民族の祈りの芸能であることを示します。『翁』の上演に際して役者たちは精進し身を清め、楽屋に祭壇を設けて面箱を祭る「翁飾り」をし、火打石の切り火で清め、盃に神酒を飲み回して舞台に出るのが正式な作法です。

  • 式の流れ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

[揉ノ段の前、三番三・三番叟のうたいはじめ]

「おさへ(え)おさへおう、喜びありや喜びありや。わが所より外(ほか)へはやらじとぞ思ふ」


[動画中の詞章/揉ノ段の終盤近く、両足をそろえて3度飛ぶ「烏(からす)飛ビ」より]

「えい、えい、えい」

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る