狂言の演目と鑑賞

前へ棒縛(ぼうしばり)次へ

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

主人は自分の外出中、2人の家来が酒を盗み飲みできぬよう、一計を案じます。まず太郎冠者に棒術の型をさせ、両腕を広げたところを、次郎冠者に手伝わせて手と棒を縛り付け、続いて次郎冠者も後手に縛りあげます。主人の外出後、酒を飲みたくなった2人は酒蔵に行き、かろうじて動く手先で扉を開け中に入ります。匂いをかぐうち我慢しきれなくなった2人は、苦心の末、互いに酒を飲ませ合う方法を見つけます。酒盛りを始め、謡(うたい)と舞で盛り上がっているところへ主人が帰ってきますが、盃に映った主人の影を見た2人は、主人の執念に違いないと言う始末。やっと主人に気づいた次郎冠者は逃げ出し、残された太郎冠者は棒術で主人を脅かすものの、結局追い込まれます。大蔵流では棒に縛り付けられるシテは次郎冠者です。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

手を縛られながらも、なんとかして酒を飲もうとする2人の姿が笑いを誘います。棒に縛られた太郎冠者が、勢い余って酒を顔に掛けてしまったり、大盃に顔を近付けようとしてつんのめったりする動作、手の使えない不自由な状態で舞を舞う場面が見どころです。普通の舞では、手にした扇を左右に差し出したりかざしたり、といった型がありますが、本曲の場合、手の自由がきかないので、顎を突き出したり、肩を上げ下げしたりして、その動きを表現しようとします。主人の帰宅時にうたわれる「月は一つ、影は二つ、満つ、満つ潮の」という謡は、能『松風』の謡をもじったもので、主人に縛り上げられても全く懲りない2人です。

  • あらすじ
  • 鑑賞のポイント
  • 詞章

[動画中の詞章/手を縛られたままの2人が酒を飲む工夫をする場面より]
次郎冠者「なんとする、なんとする、なんとするぞいやい」
太郎冠者「こりゃ飲まれぬ」
次郎冠者「なんじゃ飲まれぬ」
太郎冠者「なかなか」
次郎冠者「そうあらば、まずそれは身共(みども)に飲ます」
太郎冠者「そちには飲ましょうが、身共にはなにとして飲ます」
次郎冠者「それはそれがしが分別と(ふんべっと)した。まずそれは身共に飲ます」
太郎冠者「それならばこれへ寄って飲め」
次郎冠者「心得た」
太郎冠者「飲むか飲むか」
次郎冠者「飲むぞ飲むぞ」
太郎冠者「飲むか飲むか」
次郎冠者「飲むぞ飲むぞ・・・さてもさてもよい酒ぢゃ」

...読み込み中

...読み込み中

...読み込み中

ページの先頭に戻る