歌舞伎舞踊を彩る要素

常磐津

「常磐津」

『関の扉』5代目坂東玉三郎の墨染実は小町桜の精
1991年[平成3年]1月 国立劇場 第164回歌舞伎公演

常磐津は江戸時代初期に流行した豊後節(ぶんごぶし)から生まれた流れの1つです。豊後節からは清元など多くの流派が出来ましたが、その中でも一番硬派で、スケールの大きいドラマ性のある舞踊劇を得意とし、人物のせりふや心情もスマートに語ります。恋をしかけて敵をだまそうとする『関の扉(せきのと)』や『将門(まさかど)』のような、策略の恋も多く描かれています。「生野暮薄鈍情なし苦なし(きやぼうすどんじょうなしくなし)……」(『関の扉』)のように、詞章や曲調にユーモラスで洒落た味わいもあります。舞台上に出て語る「出語り(でがたり)」の形式で演奏されます。

映像:『関の扉』

「かかる山路の関の扉に[こんな山道にある関の扉に]」という詞章で、関の扉のある山道の情景を表しています。旅姿の小町姫は、笠をかざして、山の高さ、道の険しさを描写します。

文化デジタルライブラリー

ページの先頭に戻る