歌舞伎舞踊を彩る要素

義太夫

「義太夫」

『娘道成寺』7代目中村芝翫の白拍子花子
1990年[平成2年]3月 国立劇場 第159回歌舞伎公演

竹本義太夫が創ったので義太夫といいます。人形浄瑠璃の音楽として発生し、歌舞伎に取り入れられました。太夫(たゆう)と呼ばれる語り手が情景や人物の心理を描き、筋を運んでいきます。人物のせりふや心情を情感たっぷりに熱く語るのが特色です。三味線の重厚な音色が劇的局面を盛り上げます。

映像:『娘道成寺』

『娘道成寺(むすめどうじょうじ)』の冒頭(道行)は、「しどけなりふり あぁ 恥ずかしや」という詞章です。「服装や髪型が乱れた姿が、あぁ恥ずかしい……」と、義太夫が主人公である白拍子花子の心情を語ると、花子役の演者は自分の姿を眺め、恥ずかしそうに顔を隠します。

文化デジタルライブラリー

ページの先頭に戻る