伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

襲名披露口上 四代目中村歌右衛門 三代目中村芝翫 初代中村梅玉しゅうめいひろうこうじょう よだいめなかむらうたえもん さんだいめなかむらしかん しょだいなかむらばいぎょく

null

NA030470

配役

[4代目] 中村 歌右衛門なかむら うたえもん ( [2代目] 中村 芝翫なかむら しかん )

[3代目] 中村 芝翫なかむら しかん ( [2代目] 中村 鶴助なかむら つるすけ )

[初代] 中村 玉助なかむら たますけ ( [3代目] 中村 歌右衛門なかむら うたえもん )

(図中では中村翫玉とある)

[2代目] 関 三十郎せき さんじゅうろう

(図中では中村梅玉とある)

落款 香蝶楼国貞画こうちょうろうくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
図録No.

03047

枚数

2枚

寸法(mm)

256×188, 256×188

絵師

香蝶楼国貞画こうちょうろうくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

改印

「極」印 きわめいん

版元

和泉屋 市兵衛いずみや いちべえ

図録分類

芝居絵

備考1

表題「大坂道頓堀角の芝居にて当顔見世改名仕候」。図中「関三十郎事 中村梅玉」「歌右衛門事 中村翫(梅)玉」「鶴助事 中村芝翫」「芝翫事 中村歌右衛門」とある。[2]関三十郎が中村梅玉を襲名したことを示す資料は他には見当たらず、襲名の事実は確認できない。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

上演情報 和暦 天保7年(1836)1月てんぽう
上演情報 上演場所

角の芝居

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る