伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

死絵 四代目中村歌右衛門しにえ よだいめなかむらうたえもん

null

NA0058270000

登録No.

0058270-000-001, 0058270-000-002

図録No.

14054

枚数

2枚

寸法(mm)

368×250, 367×232

図録分類

死絵

備考1

図中には「三代目」とあるが、4代目中村歌右衛門の死絵。
涅槃図のような構図で、横たわる4代目歌右衛門が中央に大きく描かれ、周囲を多くの役者や劇場関係者が取り巻き、皆が悲嘆にくれる様子が伝わる。なお、周囲の人物のうち「歌女之丞」(嘉永6年11月に襲名した初代中村歌女之丞か)「梅花」(2代目中村梅花)「芝かく」(中村芝鶴)のみ顔を表にし、似顔で描かれる。
江戸後期

備考2

図中の文字
江戸産始振付藤間勘十郎養子幼名吉五郎/好李園役梅玉改鶴助亦師俳名譲受更芝翫/後師名跡続歌右衛門於浪花没行年五十五/歳嘉永五壬子年二月七日中寺町浄国寺葬/法号歌成院翫雀日光信士

改印情報 和暦 嘉永5年(1852)2月かえい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る