伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

死絵 清元延寿斎しにえ きよもとえんじゅさい

null

NA0043821000

登録No.

0043821-000-001

図録No.

14010

枚数

1枚

寸法(mm)

383×263

絵師

応需 国貞画くにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

版元

今利屋 丑蔵いまりや うしぞう

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

死絵

備考1

清元節の創始者・初代清元延寿太夫は文政7年に剃髪、延寿斎と改名。文政8年(1825)5月26日、暗殺によって死去。図中には役者たちの追悼の句が載る。
江戸後期

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

改印情報 和暦 文政8年(1825)5月ぶんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る