伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

死絵 五代目市川海老蔵しにえ ごだいめいちかわえびぞう

null

NA0043820000

配役

源左衛門常世 / [8代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

最明寺時頼入道 / [5代目] 市川 海老蔵いちかわ えびぞう ( [7代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう )

落款 応需 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国([1]国貞)うたがわ とよくに(くにさだ) )
登録No.

0043820-000-001

図録No.

14093

枚数

1枚

寸法(mm)

365×248

絵師

応需 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国([1]国貞)うたがわ とよくに(くにさだ) )

版元

加賀屋 吉右衛門かがや きちえもん

図録分類

死絵

備考1

5代目市川海老蔵は安政6年(1859)3月23日没。
5代目海老蔵は前年の安政5年10月、市村座『小春宴三組杯觴』で演じた時頼入道の姿で描かれ、図中にはすでに亡くなった子の8代目市川團十郎が源左衛門常世の姿で描かれており、見立共演の構図である。
江戸末期

備考2

図中の文字
散るも花/さなから/をしき/弥生哉

改印情報 和暦 「未三改」安政6年(1859)3月「ひつじのさんあらため」あんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る