伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

死絵 五代目市川海老蔵しにえ ごだいめいちかわえびぞう

null

NA0043776000

配役

制多迦童子 / [8代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

矜羯羅童子 / [初代] 市川 猿蔵いちかわ さるぞう

不動 / [5代目] 市川 海老蔵いちかわ えびぞう ( [7代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう )

落款 応需 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国([1]国貞)うたがわ とよくに(くにさだ) )
登録No.

0043776-000-001

図録No.

14089

枚数

1枚

寸法(mm)

365×255

絵師

応需 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国([1]国貞)うたがわ とよくに(くにさだ) )

図録分類

死絵

備考1

図中に「十八番の内 不動」とあり、5代目市川海老蔵が不動に扮した姿で描かれる死絵。5代目海老蔵の息子2人(初代市川猿蔵と8代目市川團十郎)の死絵でもあり、それぞれ不動が従える童子に扮した姿でともに描かれる。海老蔵を「七代目」とするのは團十郎を名乗った代数との混同か。
江戸末期

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

改印情報 和暦 安政6年(1859)3月あんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る