伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

妹背山婦女庭訓いもせやまおんなていきん

null

NA080450

配役

定高 / [3代目] 吉田 三吾よしだ さんご

大判司 / 吉田 陸奥大掾よしだ みちのくだいじょう

落款 一松斎芳宗画いっしょうさいよしむね ( [初代] 歌川 芳宗うたがわ よしむね )
図録No.

08045

枚数

3枚

寸法(mm)

358×250, 359×249, 358×248

場名 山の段やまのだん
版元

大黒屋 金之助だいこくや きんのすけ

絵師

一松斎芳宗画いっしょうさいよしむね ( [初代] 歌川 芳宗うたがわ よしむね )

図録分類

人形浄瑠璃

備考1

表題「妹背山女庭訓/いもせやまおんなていきん」。図中に示された床の配役:妹山 定高 [2]竹本隅大夫/雛鳥 豊竹住戸大夫/三味線 [1]野沢吉作・鶴沢咲治 背山 大判司 [4]豊竹岡大夫/久我の助 [3]竹本津賀大夫/三味線 鶴沢鬼市・花沢百造

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

改印情報 和暦 「寅三」慶応2年(1866)3月けいおう
上演情報 和暦 慶応2年(1866)4月けいおう
上演情報 上演場所

薩摩座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る