伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

守田座友松乗込図もりたざともまつのりこみのず

null

NA081340

配役

澤村 幸升さわむら こうしょう

〈若い衆〉

[2代目] 中村 福助なかむら ふくすけ

河原崎 三升<俳名>かわらさき さんしょう ( [初代] 河原崎 権十郎かわらさき ごんじゅうろう )

[初代] 市川 小文次いちかわ こぶんじ ( 坂東 太郎ばんどう たろう )

[4代目] 市村 家橘いちむら かきつ ( [5代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう )

市川 桃十郎いちかわ ももじゅうろう

中村 駒十郎なかむら こまじゅうろう ( [3代目] 中村 伝五郎なかむら でんごろう )

大谷 友松おおたに ともまつ ( [5代目] 大谷 広次おおたに ひろじ )

[4代目] 中村 芝翫なかむら しかん

[3代目] 市川 九蔵いちかわ くぞう ( [7代目] 市川 團蔵いちかわ だんぞう )

澤村 曙山<俳名>さわむら しょざん ( [3代目] 澤村 田之助さわむら たのすけ )

周造 しゅうぞう

[初代] 中村 仲太郎なかむら なかたろう

落款 国周画くにちか ( 豊原 国周とよはら くにちか )
図録No.

08134

枚数

3枚

寸法(mm)

363×238, 363×247, 364×244

絵師

国周画くにちか ( 豊原 国周とよはら くにちか )

版元

具足屋 嘉兵衛ぐそくや かへえ

彫師

彫太田多七ほりおおたたしち ( 太田 多七おおた たしち )

図録分類

見立絵

備考1

大谷友松は、この年春に[5]友右衛門を襲名、3月の筑後芝居を名残として江戸へ帰り、8月から守田座に出勤した。本図は、彼を出迎える守田座の役者たちを描いたもの。[1]河原崎権十郎は後の[9]市川團十郎。

改印情報 和暦 「丑五」慶応1年(1865)5月けいおう
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る