伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

中村大吉・中村仲蔵名開摺物なかむらだいきち・なかむらなかぞうなびらきすりもの

null

NA081470

配役

[3代目] 中村 大吉なかむら だいきち

[4代目] 中村 仲蔵<大坂系>なかむら なかぞう ( [4代目] 中村 嘉七なかむら かしち )

落款 五粽亭広貞ごそうていひろさだ ( 五粽亭 広貞ごそうてい ひろさだ )
図録No.

08147

枚数

1枚

寸法(mm)

374×497

絵師

五粽亭広貞ごそうていひろさだ ( 五粽亭 広貞ごそうてい ひろさだ )

図録分類

摺物

備考1

[3]中村大吉は天保11年(1840)、[2]中村富十郎の養子となって大吉を名乗り、[5]中村松江を経て嘉永1年(1848)春から大吉に復した。[4]中村仲蔵は大坂系の仲蔵で、[2]富十郎に見出され、嘉永1年春に[1]坂東寿三郎から仲蔵を襲名した。本図は、二人の名開(襲名披露)のための配り物用の摺物と考えられる。『高砂』の尉と姥の姿に当てて描いているが、似顔ではない。句を寄せた人々のうち、慶子は[2]富十郎の俳名、中村津太右衛門は名古屋の興行を一手に任されていた人物。白猿は[7]市川團十郎の俳名で、この頃は天保の改革で江戸を追放されていた。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る