伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

四季之内 雷・のみとり人形しきのうち かみなり・のみとりにんぎょう

null

NA0075301000

配役

雷 / [4代目] 市川 小團次いちかわ こだんじ

のみとり人形遣い / [4代目] 市川 小團次いちかわ こだんじ

のみとり人形遣い / [初代] 河原崎 権十郎かわらさき ごんじゅうろう

落款 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
登録No.

0075301-000-001

図録No.

15023

寸法(mm)

363×250

絵師

豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

恵比須屋 庄七えびすや しょうしち

改印


「改」

図録分類

芝居絵

備考1

『寄三升花四季画(よせてみますはなのにしきえ)』は『都鳥廓白浪』の第二番目大切所作事(常磐津・竹本・長唄)。「豊国の筆意/国芳の趣向」の角書がある。4代目市川小團次は、けいせい叶・福助・のみとりの人形遣い・御所女中・仕丁・雷・石橋の七変化を勤め、「大出来大々當」(『続歌舞妓年代記』)。
江戸末期

改印情報 和暦 「寅三」安政1年(1854)3月「とらのさん」あんせい
上演情報 和暦 安政1年(1854)3月あんせい
上演情報 上演場所

河原崎座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る