伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

板垣君遭難実記いたがきくんそうなんじっき

null

NA080480

配役

板垣退助 / 青柳 捨三郎あおやぎ すてさぶろう

相原尚聚 / 川上 音二郎かわかみ おとじろう

落款 香朝楼筆こうちょうろう ( [3代目] 歌川 国貞うたがわ くにさだ )
図録No.

08048

枚数

1枚

寸法(mm)

236×354

場名 岐阜中教院の場ぎふちゅうきょういんのば
版元

福田 熊次郎ふくだ くまじろう

絵師

香朝楼筆こうちょうろう ( [3代目] 歌川 国貞うたがわ くにさだ )

改印


明治24年(1891)10月(出版)

図録分類

新派劇

備考1

表題「川上一座新演劇 岐阜遭難実記」。この演目は、川上一座がこれ以前にも堺、横浜、小田原、横須賀などで上演しており、その都度外題も変わっているが、ここでは本格的な東京進出を果たした中村座の公演の時として、外題・上演を定めた。なお、板垣退助役の青柳捨三郎の名の横に、岩田庄之助の名が後から刷り込まれているが、理由は未詳。岩田はこの一座で川上や青柳らに次ぐ存在である。

上演情報 和暦 明治24年(1891)6月めいじ
上演情報 上演場所

中村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る