伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

明烏あけがらす

null

NA050050

配役

浦里 / [初代] 坂東 志うかばんどう しうか ( [5代目] 坂東 三津五郎ばんどう みつごろう )

時次郎 / [8代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

落款 任好 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
図録No.

05005

枚数

2枚

寸法(mm)

348×239, 348×238

場名 山名屋の場やまなやのば
絵師

任好 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

伊勢屋 兼吉いせや かねきち

彫師

彫竹ほりたけ ( [初代] 横川 竹二郎よこかわ たけじろう )

図録分類

芝居絵

備考1

表題「明烏夢の淡雪/あけがらすゆめのあわゆき」。[8]市川團十郎は安政1年(1854)8月、[1]坂東志うかは安政2年(1855)3月に没している。従ってこの図は、二人が共演して古今大々当たりと記録にある「明烏花濡衣〈あけがらすはなのぬれぎぬ〉」〈嘉永4年(1851)2月市村座〉をもとに、二優への追悼として描いたものと思われる。[1]坂東志うかは死後[5]坂東三津五郎を追贈された。

改印情報 和暦 「卯十一」安政2年(1855)11月あんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る