伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

お染久松色読販おそめひさまつうきなのよみうり

null

NA020200

配役

奥女中竹川 / [5代目] 岩井 半四郎いわい はんしろう

おそめ / [5代目] 岩井 半四郎いわい はんしろう

久松 / [5代目] 岩井 半四郎いわい はんしろう

落款 豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
図録No.

02020

枚数

3枚

寸法(mm)

391×265, 388×259, 390×266

場名 お染の七役おそめのななやく
絵師

豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

山本屋 平吉やまもとや へいきち

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

芝居絵

備考1

通称「お染の七役」といい、一人の役者が、油屋の娘お染 丁稚久松 その姉で奥女中の竹川 お染の義母貞昌尼 喜兵衛の女房土手のお六 久松の許婚お光 賤の女お作 の七役を演じる。

上演情報 和暦 文政2年(1819)4月ぶんせい
上演情報 上演場所

玉川座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る