伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

死絵 四代目中村歌右衛門しにえ よだいめなかむらうたえもん

null

NA0058275000

配役

白拍子花子 / [4代目] 中村 歌右衛門なかむら うたえもん

所化 / [5代目] 市村 竹之丞いちむら たけのじょう ( [12代目] 市村 羽左衛門いちむら うざえもん )

所化 / [6代目] 松本 幸四郎まつもと こうしろう

登録No.

0058275-000-001

図録No.

14059

枚数

1枚

寸法(mm)

360×255

図録分類

死絵

備考1

4代目中村歌右衛門は嘉永5年(1852)2月17日没。『京鹿子娘道成寺』で白拍子花子が鍾を睨みつけ、怨念の鬼の性格を垣間見せる場面を構図とする死絵。所化役として少し先に他界した5代目市村竹之丞(嘉永4年8月20日没)と6代目松本幸四郎(嘉永2年11月3日没)が共に描かれる。また、図中には追悼歌も載る。
江戸後期

備考2

図中の文字
雨つちを/うこかす/歌のわさおきに/見ぬ鬼かみも/なきなけくらん

改印情報 和暦 嘉永5年(1852)2月かえい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る