伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

石魂録春高麗菊せきこんろくはるのこまぎく

null

NA060390

配役

瀬川采女 / [初代] 市川 右團次いちかわ うだんじ ( [初代] 市川 斎入いちかわ さいにゅう )

玉しま / [3代目] 中村 仲蔵なかむら なかぞう

牛淵九郎 / 市川 権十郎いちかわ ごんじゅうろう ( [3代目] 嵐 璃珏あらし りかく )

博多信太郎 / [4代目] 助高屋 高助すけたかや たかすけ

落款 守川周重筆もりかわちかしげ ( 歌川 周重うたがわ ちかしげ )
図録No.

06039

枚数

3枚

寸法(mm)

363×250, 364×250, 364×249

場名 末之鶴華藁屋の場すえのたづぼうおくのば
絵師

守川周重筆もりかわちかしげ ( 歌川 周重うたがわ ちかしげ )

版元

松下 平兵衛まつした へいべえ

彫師

彫工銀次郎ほりこうぎんじろう ( 浅井 銀次郎あさい ぎんじろう )

画工

守川 音次(治)郎もりかわ おとじろう

改印


明治15年(1882)7月(御届)

図録分類

芝居絵

備考1

大阪から[1]市川右團次を迎え上演の予定であったが、この年6月頃から流行したコレラのため、中止になったものと思われる。なお、この狂言は[5]尾上菊五郎の采女役で、翌明治16年(1883)4月、新富座で上演された。

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る