伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

粧水絹川堤けわいみずきぬがわづつみ

null

NA100740

配役

〈人形遣〉 / 吉田 千四よしだ せんし

落款 五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
図録No.

10074

枚数

3枚

寸法(mm)

373×258, 372×247, 371×257

場名 床下の段ゆかしたのだん , 絹川堤の段きぬがわづつみのだん
絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

改印

「極」印 きわめいん

版元

山本屋 平吉やまもとや へいきち

図録分類

人形浄瑠璃

備考1

落款から天保期の作画と考えられ、該当するのは天保9年(1838)5月ふきや町結城座の上演である。千四が右手にかさねの亡霊、左手に仁木団正の人形を持つ他、画面右上には「御殿」の正岡・八汐・沖の井・松島と腰元たち、右下には「床下」の男之助と鼠、左には「絹川堤」の金五郎・歌形姫・与右衛門・かさねらが描かれている。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

上演情報 和暦 天保9年(1838)5月てんぽう
上演情報 上演場所

ふきや町結城座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る