伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

与話情浮名横櫛よはなさけうきなのよこぐし

null

NA0075263000

配役

赤間源左衛門 / [3代目] 関 三十郎せき さんじゅうろう

海松喰乃まつ / [初代] 中山 市蔵なかやま いちぞう

話家相笑 / 中村 相蔵なかむら あいぞう

小間物屋金五郎 / [初代] 中村 鶴蔵なかむら つるぞう

伊豆屋与三郎 / [8代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

横くしのお富 / [4代目] 尾上 梅幸おのえ ばいこう

お熊ばゝあ / [3代目] 嵐 音八あらし おとはち

落款 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
登録No.

0075263-000-001, 0075263-000-002, 0075263-000-003

図録No.

15021

枚数

3枚

寸法(mm)

365×256, 365×256, 366×254

絵師

豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

恵比須屋 庄七えびすや しょうしち

改印

米良 太一郎めら たいちろう

,

渡辺 庄右衛門わたなべ しょうえもん

図録分類

芝居絵

備考1

「弐ばんめきられ與三郎大に評よし此與三郎一條は舌耕師乾坤坊良斎翁自作の読ものにて東都諸々講席におゐて弁じられ見物の諸子も能しられしことゆへ大當りなり」(『続歌舞妓年代記』)とあり、初演時に大好評だったことが伝えられる。
江戸後期

改印情報 和暦 「丑三」嘉永6年(1853)3月「うしのさん」かえい
上演情報 和暦 嘉永6年(1853)3月かえい
上演情報 上演場所

中村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る