東海道五十三次之内 庄野 工藤金石丸とうかいどうごじゅうさんつぎのうち しょうの くどうかねいしまる

null

NA091150

配役

工藤金石丸 / [初代] 坂東 志うかばんどう しゅうか ( [5代目] 坂東 三津五郎ばんどう みつごろう )

落款 豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
図録No.

09115

枚数

1枚

絵師

豊国画とよくに ( [3代目] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

湊屋 小兵衛みなとや こへえ

改印

村田 平右衛門むらた へいえもん

,  

衣笠 房次郎きぬがさ ふさじろう

図録分類

見立絵

備考1

図録No09070~09124図の「東海道五十三次」は、実際には1枚の紙(184×250)に2図ずつ横に並べて収める形になっている。すなわち、09070と09071が人物が向き合う形で1枚、09072と09073で次の1枚・・・という具合である。(従って、落款・彫師・版元・改印等の記載は2図ごとに1回出てくることとなる。)そしてそれを中央から2つに折り、順に貼り合わせて右から左へと続いていく折本形式に仕立てられている。本図の落款・彫師・版元・改印等には、対をなす図録No.09114記載のものも含まれる。[1]坂東志うかは死後[5]坂東三津五郎を追贈された。

改印情報 和暦 「子十二」嘉永5年(1852)12月かえい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る