伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

未詳みしょう

null

NA100250

配役

菊酒屋手代幸助 / [4代目] 中村 歌右衛門なかむら うたえもん

うんざり伝次 / [2代目] 市川 九蔵いちかわ くぞう ( [6代目] 市川 團蔵いちかわ だんぞう )

芸者お花 / [初代] 坂東 志うかばんどう しうか ( [5代目] 坂東 三津五郎ばんどう みつごろう )

菊酒や半七 / [12代目] 市村 羽左衛門いちむら うざえもん

落款 五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
図録No.

10025

枚数

3枚

寸法(mm)

378×260, 379×259, 375×260

絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

改印

「極」印 きわめいん

版元

山口屋 藤兵衛やまぐちや とうべえ

図録分類

芝居絵

備考1

「お花半七」の世界の人物が定式幕の前で絡み合っている構図。作画期は、天保10年(1839)11月の[1]坂東志うか襲名から極印の下限である天保13年(1842)末までの間と考えられる。この期間で図の4人が一座したのは、11年の顔見世から12年10月に焼失するまでの市村座、および13年9月再開場以後の市村座だが、該当する演目が見当たらない。予定されていた上演が中止になったものか。[1]坂東志うかは死後[5]坂東三津五郎を追贈された。

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る