伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

引ぬきの図 市川團十郎ひぬきのず いちかわだんじゅうろう

null

NA0075262000

配役

いがみの権太 / [7代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

落款 五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
登録No.

0075262-000-001

図録No.

15013

枚数

1枚

寸法(mm)

350×262

絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

版元

川口屋 正蔵かわぐちや しょうぞう

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

役者絵

備考1

文政11年7月、市村座上演の『義経千本桜』で7代目市川團十郎は、源義経・いがみの権太・相模五郎・雇中間角介の役を演じている。題にあるように「引ぬき」で早替りを見せたのであろう。幕を引く裏方の黒足袋も描かれており、動きのある構図。
文政期頃

改印情報 和暦 文政11年(1828)7月ぶんせい
上演情報 和暦 文政11年(1828)7月ぶんせい
上演情報 上演場所

市村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る