伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

東海道四谷怪談とうかいどうよつやかいだん

null

NA120180

配役

神谷伊右ヱ門 / [5代目] 市川 海老蔵いちかわ えびぞう

直助 / [5代目] 松本 幸四郎まつもと こうしろう

お岩・小平ぼうこん 戸板がへし 与茂七 三役早替 / [3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう

お弓 / [3代目] 尾上 栄三郎おのえ えいざぶろう ( [4代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう )

落款 一勇斎国芳画いちゆうさいくによし ( 歌川 国芳うたがわ くによし )
図録No.

12018

枚数

3枚

寸法(mm)

370×253, 367×254, 369×252

場名 隠亡堀おんぼうぼり
絵師

一勇斎国芳画いちゆうさいくによし ( 歌川 国芳うたがわ くによし )

版元

山本(屋) 平吉やまもと(や) へいきち

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

芝居絵

備考1

図に描かれる役者が同座したのは上記上演の年だが、番付では五代目松本幸四郎は薬売権兵衛、三代目尾上栄三郎は与茂七女房おそで。

上演情報 和暦 天保7年(1836)7月てんぽう
上演情報 上演場所

森田座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る