伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

魁花春色音黄鳥かいかのはるいろねのうぐいす

null

NA100600

図録No.

10060

枚数

1枚

寸法(mm)

371×251

版元

五月女 勝五郎さおとめ かつごろう

画工

竹内 栄久たけうち えいきゅう

改印


明治12年(1879)(御届)

図録分類

芝居絵

備考1

表題「魁花の禄権/くわいくわのろくけん」。二番目狂言『人間万事金世中』の大切浄瑠璃。[9]市川團十郎らがうつ拳が各花街の流行となった。この作品は、その拳の手を図の上部に描き、下に3人の人物を描いたもの。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

上演情報 和暦 明治12年(1879)2月めいじ
上演情報 上演場所

新富座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る