伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

浅倉物語十二段続之図あさくらものがたりじゅうにだんつづきのず

null

NA0079568000

落款 一恵斎芳幾画いっけいさいよしいく ( 落合 芳幾おちあい よしいく )
登録No.

0079568-000-001, 0079568-000-002, 0079568-000-003

図録No.

16142

枚数

3枚

寸法(mm)

375×254, 377×254, 377×255

絵師

一恵斎芳幾画いっけいさいよしいく ( 落合 芳幾おちあい よしいく )

版元

辻岡屋 文助つじおかや ぶんすけ

改印


「改」

図録分類

物語絵

備考1

佐倉宗吾伝を主題とした「大序」から「十二段目」までを3枚続で描く。特定の上演を描いたものでもなく、役者似顔風でもあるが物語絵と考える。嘉永4年(1851)8月の4代目市川小團次による『東山桜荘子』以来、人気の世界となったことがわかる。
江戸末期

改印情報 和暦 「辰七」安政3年(1856)7月「たつのなな」あんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る