浅草座伊井一座(日高川)あさくさざいいいちざ(ひだかがわ)

null

NA0075290000

配役

人形遣 / 田中 浩哉たなか ひろや

清姫 / 伊井 蓉峰いい ようほう

船頭 / 福島 清ふくしま きよし

落款 梅堂国貞筆ばいどうくにさだ ( [3代目] 歌川 国貞うたがわ くにさだ )
登録No.

0075290-000-001, 0075290-000-002, 0075290-000-003

図録No.

15045

枚数

3枚

寸法(mm)

360×239, 360×237, 360×237

絵師

梅堂国貞筆ばいどうくにさだ ( [3代目] 歌川 国貞うたがわ くにさだ )

版元

福田 熊次郎ふくだ くまじろう

彫師

二世彫栄にせいほりえい ( 渡辺 常次郎わたなべ つねじろう )

改印


明治29年(1896)4月(印刷・発行)

図録分類

芝居絵

備考1

浅草座は明治25年に「澤村座」として開場、その後明治43年に「蓬莱座」と改称して歌舞伎の劇場となる間に、改称を伴いながら新派公演の拠点的劇場だった。伊井一座は川上音二郎から退座した伊井蓉峰が依田学海の支援を受けて結成した男女混交の一座。『日高川』は明治29年3月10日より、浅草座で『木曾五郎』『野村三千三』の大切に上演された。
明治中期

備考2

図中の文字
日高川清姫人形振之場

改印情報 和暦 明治29年(1896)4月めいじ
上演情報 和暦 明治29年(1896)3月めいじ
上演情報 上演場所

浅草座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る