伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

口上 四代目嵐吉三郎こうじょう よだいめあらしきちさぶろう

null

NA120430

配役

[5代目] 坂東 彦三郎ばんどう ひこさぶろう

[4代目] 嵐 吉三郎あらし きちさぶろう ( 嵐 鱗昇あらし りんしょう )

落款 国輝画くにてる ( [2代目] 歌川 国輝うたがわ くにてる )
図録No.

12043

枚数

1枚

寸法(mm)

365×251

絵師

国輝画くにてる ( [2代目] 歌川 国輝うたがわ くにてる )

彫師

彫長ほりちょう ( [初代] 片田 長次郎かただ ちょうじろう )

版元

大黒屋 金之助だいこくや きんのすけ

,

大黒屋 金次郎だいこくや きんじろう

図録分類

芝居絵

備考1

慶応3年(1867)8月の中村座において、二代目嵐鱗子が父・三代目嵐吉三郎(元治元年(1864)9月没)の名跡を継いだ御目見えの口上を描いた図。だが、この吉三郎は出演中に死去し(表題に四代目とあるが、代数に数えず)、同年10月の中村座で、三代目吉三郎の縁者であった嵐鱗昇が四代目嵐吉三郎を襲名した。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

改印情報 和暦 「卯十」慶応3年(1867)10月けいおう
上演情報 和暦 慶応3年(1867)10月けいおう
上演情報 上演場所

中村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る