伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

平井権八吉原街ひらいごんぱちよしわらがよい

配役

奴定助 / [2代目] 嵐 璃寛あらし りかん

水尾四郎左衛門 / [2代目] 関 三十郎せき さんじゅうろう

落款 春梅斎北英画しゅんばいさいほくえい ( 春梅斎北英 しゅんばいさいほくえい )
登録No.

0076597-000-001, 0076597-000-002

図録No.

16025

枚数

2枚

寸法(mm)

392×263, 386×265

絵師

春梅斎北英画しゅんばいさいほくえい ( 春梅斎北英 しゅんばいさいほくえい )

版元

天満屋 喜兵衛てんまや きへえ

図録分類

芝居絵

備考1

本図の該当上演時、2代目関三十郎は水尾四郎左衛門(『歌舞伎年表』では「水尾十郎右衛門」)と幡随長兵衛を兼ねた。共に上演の『姫小松子の日遊』には「三十郎御めみへ」と冠されており、文化5年に養父の関三右衛門と師の3代目中村歌右衛門とともに江戸で活躍し、上方へ戻っての目見えだった。
江戸後期

改印情報 和暦 天保6年(1835)9月てんぽう
上演情報 和暦 天保6年(1835)9月てんぽう
上演情報 上演場所

中座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る