仮名手本忠臣蔵かなでほんちゅうしんぐら

配役

顔世御前 / [初代] 瀬川 路三郎せがわ みちさぶろう

若狭之助 / [初代] 尾上 栄三郎おのえ えいざぶろう ( [3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう )

塩冶判官 / [初代] 澤村 源之助さわむら げんのすけ ( [4代目] 澤村 宗十郎さわむら そうじゅうろう )

高師直 / [5代目] 松本 幸四郎まつもと こうしろう

落款 歌川豊国画うたがわとよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
図録No.

07001

枚数

1枚

寸法(mm)

230×350

場名 大序だいじょ
絵師

歌川豊国画うたがわとよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

改印

「極」印 きわめいん

版元

伊勢屋 孫兵衛いせや まごべえ

図録分類

芝居絵

備考1

表題「仮名手本忠臣蔵 初段」。「忠臣蔵」各段の物語を浮絵風に描いた揃物の中の1枚。

改印情報 和暦 「寅七」文化3年(1806)7月ぶんか
上演情報 和暦 文化3年(1806)4月ぶんか
上演情報 上演場所

市村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る