酔中の辞 坂東三津五郎すいちゅうのじ ばんどうみつごろう

null

NA0074302000

登録No.

0074302-000-001

図録No.

13021

枚数

1枚

寸法(mm)

369×248

絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

版元

上州屋 金蔵じょうしゅうや きんぞう

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

役者絵

備考1

三代目坂東三津五郎は天保2年3月市村座の『五山桐』『鐘淵戯場故(かねがふちかぶきのふるごと)』に出演途中より「病気のため養子蓑助をして之に代らしめ」(『近世日本演劇史』)たという。三津五郎は同年12月没。
図中の文章は図版説明を参照。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

上演情報 和暦 天保2年(1831)てんぽう
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る