四季詠寄三大字しきのながめよせてみつだい

null

NA010380

図録No.

01038

枚数

4枚

寸法(mm)

382×256, 389×258, 388×270, 388×267

場名 きさらぎ-半田稲荷きさらぎ-はんだいなり , 水無月-祭礼みなづき-さいれい , 文月-踊りふみづき-おどり , 極月-豆蒔きょくづき-まめまき
絵師

豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

改印

「極」印 きわめいん

版元

鶴屋 金助つるや きんすけ

図録分類

芝居絵

備考1

十二ヶ月所作事(一月-吉書初〈傾城〉 二月-半田稲荷〈坊主〉 三月-雛人形〈業平〉 四月-初鰹〈いさみ商人〉 五月-飾兜〈清正虎狩〉 六月-祭礼〈台所唐人〉 七月-踊り〈田舎瞽女〉 八月-亀戸祭〈鹿島踊〉 九月-月〈木賊刈〉 十月-炉開使〈雇奴〉 十一月-雪〈鷺娘〉 十二月-豆蒔〈金太郎〉)。

上演情報 和暦 文化10年(1813)3月ぶんか
上演情報 上演場所

中村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る