月花茲友鳥つきとはなここにともどり

null

NA0081667000

配役

かいどう丸 / [5代目] 岩井 半四郎いわい はんしろう ( [初代] 岩井 杜若いわい とじゃく )

山うば / [3代目] 坂東 三津五郎ばんどう みつごろう

落款 豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
登録No.

0081667-000-001

図録No.

19029

枚数

1枚

寸法(mm)

249×361

絵師

豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

山田屋 三四郎やまだや さんしろう

図録分類

芝居絵

備考1

『近世日本演劇史』に「十一月、市村座、「花山樵」に渡辺綱、二番目に三星屋の源、「山姥」の所作」とある。絵本番付(立命館大学ARC蔵)によって、文政6年(1823)11月、市村座『大和大和花山樵(やままたやまはなにやまがつ)』の二番目大切所作事、清元(清元延寿太夫、栄寿太夫ほか)による『月花茲友鳥』を描いたものと判断した。
江戸後期

改印情報 和暦 文政6年(1823)11月ぶんせい
上演情報 和暦 文政6年(1823)11月ぶんせい
上演情報 上演場所

市村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る