江戸町尽し誉詞 坂東三津五郎 坂東志うか述えどまちづくしほめことば ばんどうみつごろう ばんどうしうかじゅつ

null

NA101220

図録No.

10122

枚数

1枚

寸法(mm)

353×239

絵師

豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

改印

「極」印 きわめいん

版元

未詳 みしょう

図録分類

役者絵

備考1

[3]坂東三津五郎が、一座の花形を褒めるといった内容。詞のなかにある「浜(浜村屋)」「路考」は[5]瀬川菊之丞、「やま(大和屋)」「岩井」は[2]岩井粂三郎([6]岩井半四郎)、「嵐の目徳」は[1]嵐徳三郎([2]嵐璃寛)を指す。この3人と三津五郎が一座したのは、文政5年(1822)3月から9月の中村座のみなので、制作年代もこの期間と考えられる。落款もこの時期のものである。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る