伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

下り 嵐雛助 嵐三八くだり あらしひなすけ あらしさんぱち

null

NA0081434000

配役

秋田城之介 / [2代目] 嵐 雛助あらし ひなすけ

百姓地蔵 実は 浅原八郎 / [初代] 嵐 三八あらし さんぱち

落款 豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )
登録No.

0081434-000-001

図録No.

18001

枚数

1枚

寸法(mm)

225×333

絵師

豊国画とよくに ( [初代] 歌川 豊国うたがわ とよくに )

版元

鶴屋 金助つるや きんすけ

図録分類

芝居絵

備考1

2代目嵐雛助が江戸下りした江戸市村座の顔見世興行である(配役は絵本番付による)。裃衣裳の紋「叶升」については『歌舞伎年表』に「二番目。似せ狂気にて城之助(ひな助)男狂言の仕内。(略)翌十四日の夜、白猿の草庵へ尋来り、先祖よりの因みをいひ、親雛助か弟分と申せしが、我等に於てハ子と思召し被下と、即時に成田屋と書。紋所も以前の通り、叶ふ升をつける」と記述がある。
江戸後期

備考2

上演外題:『媚■(白崔)雪世界(うつくしきゆきのせかい)』

改印情報 和暦 寛政11年(1799)11月かんせい
上演情報 和暦 寛政11年(1799)11月かんせい
上演情報 上演場所

市村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る