伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

助六すけろく

null

NA080590

配役

揚まきの助六 / [3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう

花川戸助六 / [7代目] 市川 團十郎いちかわ だんじゅうろう

落款 応需 国貞画くにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
図録No.

08059

枚数

1枚

寸法(mm)

247×366

絵師

応需 国貞画くにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

改印

「極」印 きわめいん

版元

松村 辰右衛門まつむら たつえもん

図録分類

見立絵

備考1

文政2年(1819)3月3日より、中村座で『助六曲輪菊〈すけろくくるわのももよぐさ〉』玉川座で『助六所縁江戸桜〈すけろくゆかりのえどざくら〉』が同時に興行された。前者は[3]尾上菊五郎の助六に[2]岩井粂三郎の揚巻、後者は[7]市川團十郎の助六に[5]瀬川菊之丞の揚巻で、本図はこれらを組み合わせて描いたもの。図録No08060「揚巻」と一連の作品である。図中の人形は紙の相撲人形。

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

上演情報 和暦 文政2年(1819)3月ぶんせい
所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る