伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

玉藻前御園公服たまものまえくもいのはれぎぬ

null

NA0076510000

配役

玉藻之前 / [3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう

横曽根平太郎 / [3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう

落款 五亀亭貞房画ごきていさだふさ ( 歌川 貞房うたがわ さだふさ )
登録No.

0076510-000-001

図録No.

15008

枚数

1枚

寸法(mm)

241×371

絵師

五亀亭貞房画ごきていさだふさ ( 歌川 貞房うたがわ さだふさ )

版元

松村 辰右衛門まつむら たつえもん

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

芝居絵

備考1

本図は『玉藻前御園公服』四建目返し「和歌の浦朧山の場」を描く。「吹き水血汐の穢れにて件の鏡を差し金にて吹き上げる」(『大南北全集』9)場面、ケレンを得意とした3代目尾上菊五郎が平太郎から玉藻へ早替りする。
江戸後期

備考2

図中の文字
水中早かわり之場

改印情報 和暦 文政4年(1821)7月ぶんせい
上演情報 和暦 文政4年(1821)7月ぶんせい
上演情報 上演場所

河原崎座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る