伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

大星由良之助(三代目尾上菊五郎)おおぼしゆらのすけ(さんだいめおのえきくごろう)

null

NA0077726000

配役

[3代目] 尾上 菊五郎おのえ きくごろう

落款 五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
登録No.

0077726-000-001

図録No.

16014

枚数

1枚

寸法(mm)

378×250

絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

版元

清水

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

芝居絵

備考1

『続歌舞伎年代記』では27日より。また「初日は忠臣蔵大序より六段目迄二番目怪談跡まく三幕なり」とある。この「怪談」が『東海道四谷怪談」の初演。3代目尾上菊五郎は「忠臣蔵」で由良の助、勘平、となせを、「四谷怪談」では佐藤与茂七、お岩、小仏小平をつとめている。怪談物を得意とし、さらに広い芸域を示すようである。本図では念願の筑紫大宰府への参詣に行くこととなり、その御名残口上を述べている。
江戸後期

図版の説明はこちら。

図版説明を見る

備考2

図中の文は図版解説を参照。

改印情報 和暦 文政8年(1825)7月ぶんせい
上演情報 和暦 文政8年(1825)7月ぶんせい
上演情報 上演場所

中村座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る