伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

長谷川一世一代忠臣蔵 十一段大道具大仕掛ノ内 第七段目・第八段目はせがわいっせいいちだいちゅうしんぐら じゅういちだんおおどうぐおおじかけのうち だいしちだんめ・だいはちだんめ

null

NA0075252000

配役

となせ / [初代] 澤村 訥升さわむら とっしょう

寺岡平右衛門 / [初代] 澤村 訥升さわむら とっしょう

大星由良之助 / [5代目] 市川 團蔵いちかわ だんぞう

落款 五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )
登録No.

0075252-000-001, 0075252-000-002, 0075252-000-003

図録No.

15018

枚数

3枚

寸法(mm)

365×251, 361×252, 365×253

絵師

五渡亭国貞画ごとていくにさだ ( [初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに) )

版元

山本屋 平吉やまもとや へいきち

改印

「極」印 きわめいん

図録分類

芝居絵

備考1

『仮名手本忠臣蔵』の七段目・八段目の道具替りを描く。
「極」単印であることから、制作年代が文化13年(1815)~天保13年(1842)とわかるが、この間の上演のうち、初代訥升が平右衛門ととなせの二役をつとめたのは天保6年8月の森田座のみである。
江戸後期

備考2

図中の文字
道具替りの図

改印情報 和暦 天保6年(1835)8月てんぽう
上演情報 和暦 天保6年(1835)8月てんぽう
上演情報 上演場所

森田座

所蔵場所

国立劇場

ページの先頭に戻る