伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

人物履歴: [3]一陽斎雛獅豊国

※複数の人名が存在します。

この人物の結果を表示する




芸 名 自 ~ 至 屋 号 備 考

[3代目] 歌川 豊国([1]国貞)うたがわ とよくに(くにさだ)

本名:角田庄蔵 生没:天明6年(1786)~元治1年(1864)12月15日 作画期:文化4年(1807)~元治1年(1864) 画姓:歌川(宇田川) 画系[1]歌川豊国門人・英一珪門人

[初代] 歌川 国貞([3]豊国) うたがわ くにさだ(とよくに)

画号など 備考

[初代] 国貞 くにさだ

文化4年(1807)~天保14年(1843)

一雄斎 いちゆうさい

文化9年(1812)頃か?

五渡亭 ごとてい

文化8年(1811)頃~天保(1830-1844)末

月波楼 げっぱろう

文化8年(1811)

琴雷舎 きんらいしゃ

文化10年(1813)

香蝶楼 こうちょうろう

文政10年(1827)頃~嘉永(1848-1854)初期

[3代目] 豊国 とよくに

弘化1年(1844)~元治1年(1864)

一陽斎 いちようさい

弘化1年(1844)~

英一たい はなぶさいったい

[3代目] 国貞舎豊国 こくていしゃとよくに

北梅戸 ほくばいこ

富眺山人 ふちょうさんじん

富眺庵 ふちょうあん

雛獅豊国 ひなじしとよくに

喜翁 きおう

文久2年(1862)~

ページの先頭に戻る