能楽への誘い メニューへ
国立能楽堂能舞台
国立能楽堂能舞台 画像をクリックすると拡大します。

 能・狂言は、「能舞台」という専用の形式をもった舞台で演じられます。

 三方吹き抜けの「舞台」は一辺約5.5メートル四方で、屋根を支える四隅の柱にはそれぞれ名前が付けられています。このうち目付柱(めつけばしら)は演者にとって演技の目標となる特に大切な役割を備えています。本舞台正面奥の壁である「鏡板」(かがみいた)には老松が描かれています。「アト座(後座)」には囃子方や後見が座り、本舞台の屋根からは庇が出ています。「地謡座」には地謡が本舞台に向かって二列に正座します。「橋掛り」(はしがかり)は演者の登・退場のほか舞台空間としても重要な役割を備え、突当りには「揚幕」(あげまく)を下げます。「鏡の間」(かがみのま)は装束を着けた演者が鏡に向かって精神を集中し、面をかけて登場を待つ場所です。橋掛りに沿った前面には間隔を明けて三本の松が植えられています。能舞台の床面は、摺り足による歩みや舞の演技に適するように、滑らかに削った檜の厚板を用いて弾力をもたせて作られています。能舞台には一般的な意味での舞台装置はなく、観客席である見所(けんしょ)との境に幕はありません。

「能楽への誘い」メニューに戻る
Copyright 2004 Japan Arts Council, All rights reserved.